ハードディスク

自作PCを作ろう!

                  ハードディスクの種類


TOP>ハードディスクの種類〜ハードディスクの現在〜

ハードディスクの種類

ハードディスクは磁性体を塗布または蒸着した金属のディスク(プラッタ)を一定の間隔で何枚も重ね合わせた構造になっており、これをモーターで高速に回転させて磁気ヘッドを近づけてデータを読み書きします。

ハードディスクの磁気ヘッドとディスクは10nm程度と非常に接近するため、振動に弱い部分もありますが、パソコンを初めとするほとんどのコンピュータに搭載されています。

ディスクの大きさは、ノートパソコン向けのものは2.5インチが、デスクトップパソコン向けのものは3.5インチがそれぞれ主流。

コンピュータとの接続にはSCSIやIDE(ATA)などが使われています。
最近ではシリアルATAが普及してきており、従来の40ピンの16bitパラレル転送から7ピンのシリアル転送へ変わりつつあります。

第一世代のSATA/1500では転送サイクルが1.5GHZ(150MB/s)、第二世代のSATA/3000では2倍3GHz(300MB/s)で駆動し高速化が進んできています。

SATAでの注意点ですが電源が従来とは異なるため、対応品の電源か変換ケーブルが必要になってきます。

最近ではチップセットの高度化などで高速なSTAT2規格も登場し、更なる高速タイプが登場しています。





自己紹介

CPUの種類

マザーボードの種類

メモリーの種類

ハードディスクの種類


グラフィックボードの種類
DVDドライブの種類

サウンドボードの種類

オペレーティングシステムの種類

バイオスについて
いろんなサイトのリンク集!

リンク1 リンク2

リンク3 リンク4

リンク5 リンク6

リンク7 リンク8

リンク9 リンク10