BIOS

自作PCを作ろう!

                      BIOSについて


TOP>BIOSについて〜BIOSの現在〜

BIOSについて

BIOSはコンピュータに接続されたディスクドライブ、キーボード、ビデオカードなどの周辺機器を制御するプログラムで、これらの機器に対する基本的な入出力手段をOSやアプリケーションソフトに対して提供しています。

BIOSはパソコンのマザーボード上に装着されたフラッシュメモリなどの不揮発メモリに記録されており、最新の内容に更新することが可能となっている。

機種によっては高パフォーマンスを設定できたり、隠しモードなどがあり性能を左右する設定が可能な場合もあります。

しかし古いMS-DOS時代のままの設計であるため、ハードウェアの違いを吸収して共通インターフェースを提供するというのは、リアルモード上という条件がつきます。

現在は代わって役目を担っているのはOSであり、OSのローダー的な存在でしかありません。

しかし市販のマザーボードでは設定でパフォーマンスが向上したり、セキュリティ強化の一部として利用されるなどの機能を有しているものもあります。

いずれは役目を終え、OSとファームウェアを直結するEFI(Extensible Firmware Interface)に交代していくと思われますが、利用できるうちはパフォーマンスの向上にも貢献してくれますので、活用したいところです。


自己紹介

CPUの種類

マザーボードの種類

メモリーの種類

ハードディスクの種類


グラフィックボードの種類
DVDドライブの種類

サウンドボードの種類

オペレーティングシステムの種類

バイオスについて
いろんなサイトのリンク集!

リンク1 リンク2

リンク3 リンク4

リンク5 リンク6

リンク7 リンク8

リンク9 リンク10